ものしらず

流行りも常識も知らないけどメイクする

マキアージュのトリュフチョコレートをまといたくて、冬


マキアージュのトリュフチョコレートをまぶたにぬりたくりたい


そんな衝動をかれこれ1年、抱き続けています。



そう、出会いは去年の8月……




MAQuillAGEからドラマティックスタイリングアイズDが発売されました。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD BR613 3g

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD BR613 3g

ショコラモチーフのアイシャドウ!

ショコラをイメージしたアイシャドウは他にもありますが、茶色ってだけで若干名前詐欺になってる物が多いなか(※個人の感想です)、なかなかのショコラ色じゃないですか。このトリュフチョコレートが赤みブラウンで本当チョコっぽい。こっくりしていて最高じゃないですか。


欲しい。


強烈に欲しい。



でも高い…


プチプラじゃない…



という事でぐずぐずしていたら1年経っていました。


そして1年後の私はハニーラスター、ETVOS、オンリーミネラルの総攻撃により金銭感覚が破壊され、物欲おばけと化していた。




今なら買える(精神的に)
この機会を逃してはいけない



待ってろトリュフチョコレート!!





舞台は薬局

そんなわけでなけなしの3000円を握りしめて薬局まで買いに来ました。

MAQuillAGEのコーナーには一昨年のブラウン、昨年のショコラブラウン、今年のティーブラウンが並んでました。




運命のブラウンシリーズ




運命かどうかはわからないけどウチにおいでトリュフくん。

と、手をのばしたところで、見てしまったんです…

隣のキャラメルミルクティー

え、めっちゃ可愛くね?


この色めっちゃ肌馴染みいいやつじゃね?


左上のベース、トリュフの方は色がつかない仕様なんですがキャラメルミルクティーはほんのーり色づくんですよ。
画像だと乳白色ですが実物はピンクというか肌色です。子供の頃さんざん遊んだあのクレヨンの『肌色』です。

そこにゴールドラメがチラチラ。

お隣の黄みブラウンも、まろんっとしたコクもありつつクリアな発色で好きな奴でした。


めっちゃ可愛いじゃん…


キャラメルミルクティーめっちゃいいじゃん……


私の運命の相手はキャラメルミルクティーなんじゃない?



そんな感じで1年越しの決意をした瞬間にノーマークだったキャラメルミルクティーの奇襲に合いました。

えー?ちょっと、なにこの展開

少女漫画によくあるやつ

なかなか振り向いてもらえない本命に手が届きそうになったら、どこからかひょっこり現れた(もしくは主人公の相談に乗ってた本命の親友)本命と別タイプのイケメンに揺さぶられる展開。


そんで主人公と本命がスレ違ってる隙をついて主人公と付き合っちゃうやつ。


でも付き合いつつも結局主人公は本命を忘れられなくて、本命は1度は諦めた主人公への気持ちを抑えきれなくなって本気を出し、それに対抗するも最後は主人公の背中を押してかっこよく散る奴…。


…。


主人公はさぁ

なんで付き合うん?

上げて落とすの本当に酷。


いくら運命でもドラマティックに結ばれるところ見せつける事なくない?


私にはそんな酷な事出来ないよ。


私が欲しいのはキャラメルでもミルクティーでもなくトリュフチョコレートなんだ。


私は最初からトリュフチョコレートを選ぶ!


ごめん、キャラメルミルクティー


背中を押されるどころか後ろ髪を引かれましたが、ちゃんとトリュフチョコレートを買いました。






ふぅ。
長かった。


やっとレビューするよ!

と言いたいところですが
ここらへんで to be continued

see you next time!